宿便のこと

ービークレンズー「KOMBUCHA」×「チャコール」

detox

宿便を一層することで、体内のデトックスのかなりの部分が解決します。

 

宿便には、様々な化学物質や、動物性脂肪、タンパク質のカスで構成されています。
もちろん、サラダ油や不飽和脂肪酸なんかも、もれなく含まれています。

 

この酷い物質の集合体が、宿便なわけで、腸の中に蓄積することで、絶え間なく体に不要な物質を取り込んでしまうこととなります (/ω\)
もちろん、全部が吸収されるわけではないのですが、デトックスをしても宿便を体に置きっぱなしにしていることで、デトックス分をいつでも補給できてしまえる環境となります。

 

宿便は次なる宿便を呼び寄せる温床となりますので、ここを解決しないと、いくら体内のデトックスを進めても効果は半減、もしくは全くない状況になるわけです (^^)b

 

例えば、キュウリや瓜類を食すことで、小便からデトックスされる。
→ でも、小便からのデトックスの効果って、3-5%程度だったりします。

 

運動して汗をかくことでも、汗と一緒にデトックスの効果を得られます。
→ これも数%程度の効果。

 

女性の場合は、生理なども実はデトックスの効果が得られています。
でも、年間で考えると、かなり限定的な効果だとお分かりだと思います。

 

 

一番は、便なんですね。
そして、その多くは宿便。

 

この宿便が、腸内にたくさんとどまっている限り、悪玉菌は繁殖し続けますし、体内のデトックスの後も、有害な成分が体内に供給され続けます。

 

宿便はある意味、まだ体内に取り込まれていない状態。(腸の中って、体の外だとイメージしてくださいませ)
コイツを、排出することで、次からの有害物質の供給は確実に減らすことができるわけです。

 

肌荒れ、生理不順なんかも、多くの場合は悪玉菌の悪さが原因です。

 

コイツを退治してやることで、デトックスできる体に変化していくわけです。


page top