宿便のこと

ービークレンズー「KOMBUCHA」×「チャコール」

宿便の量

oliveoil

宿便の量に秘められた謎 (;'∀')

 

よく見かける、「 宿便は体内に5kgもの量が溜まっています 」 ってヤツ。

 

鵜呑みにしちゃダメです。

 

… なぜかって?
だって、個人差がありますし、多い人で5kgってことですし。
その量は、体格と生活習慣に左右されます。

 

「 ランチはコンビニー 」 って方は、心配しないでも、しっかりと結構な量が溜まっていますから (・∀・)b

 

分かります?

 

 

三つの理由で、コンビニ飯って宿便の量を増やしてしまうんです (;'∀')

 

一つ目は、炭水化物と加工肉が多いので、繊維質が不足しすぎ (/ω\)
二つ目は、保存料をはじめとする添加物が多量に含まれているので、宿便の元が多すぎ (/ω\)
三つめは、植物性油脂が多くて、宿便の元となる成分が多すぎーーー (/ω\)

 

そう、日本って世界的に見ても異常なほど、添加物や化学物質を国が率先して認可・許可している国なんです。

 

アメリカでも数十種類。
イギリスなんか数種類程度なのに対して、日本は1500種類を超すものが認可・許可を受けているんですよねーーー。

 

ちなみに、トクホの中にもオランダやヨーロッパ諸国では、発がん性が指摘されているものがあったりして、何を基準にトクホと決めているのか、それとも天下り先のご意向なのかはわかりませんが、日本は添加物天国なわけなんです。

 

これらは、宿便として溜まっている中に取り込まれやすく、長期にわたって大量の添加物を吸収するよう宿便の中に取り込まれているわけなんです (;'∀')

 

その量たるや、ハンパないわけで、宿便と相性のいい植物油をコンビニ飯がドンドン補給してくれることになります。

 

ちなみに、植物性油の精製方法ってご覧になりましたか?
かなり引きますよ。
漂白はしているわ、添加物で透明度を引き出すわ、ビックリします。

 

ここでいう、植物油って、サラダ油とかキャノーラ油って表記のものも含まれます。
米油とか大豆油って書いてあるものは、ここではマシなものとして分類しています。
(良いとまでは言いにくい)

 

ちなみに、この手の植物油って、不飽和脂肪酸ってヤツが含まれているんですが、コイツらはニューヨーク市内から各州で飲食で提供することが禁じられるようになった食品なんですよねーーー ( ;∀;)
マクドナルドのポテトなんか、そいつが酸化しているものだから、もう最悪 (;'∀')

 

類似する悪いものとしては、マーガリンやショートニングなども、用途は違いますけど同じ不飽和脂肪酸の油脂類です。

 

 

で、こ奴らをしっかり摂取してしまうのが、コンビニ飯。
摂取するカロリー以上に太りやすくなりますし、溜まる宿便の量はハンパない組み合わせとなるわけです。

 

こういった方が溜め込んでいる量は、50kgくらいの体重の人だと、しっかりと3kgの量はあると思いますね。
女性で、60kgを超えていたら、5kgくらいの量は十分に溜まっているハズ。
当然、80kgを超えていたら、5kgの量では収まりません。

 

 

体内に悪いものをしっかりと溜め込んで、しかも体重はどんどん増すばかり。
宿便の溜まっている周囲の腸って、動きが鈍いですから、当然脂肪もたまり放題。
その量は大変なことになっていることにお気づきになると思います。

 

宿便の量が増えることで、内臓脂肪もてんこ盛り。
コイツの量を減らすことで、内臓脂肪も燃やしやすくなるどころか、二の腕のお肉にも好影響があることは、今後お話していきます。


page top